現在地:トップ > トピックス

トピックス・バックナンバー

2023年02月06日07時07分
おはようございます。どうも私はプリミティブな人間らしく日の出と共に目が覚めます。家内は原始的だと言いますが、遮光カーテンの部屋でも明るさの変化に反応します。ペコはまだ家内の布団の上、コロをケージから出して下に降りて来るのこの頃です。昨日はプレっトのコート・ドール20の初日、念の為残したコワイヨ20の四日目でした。夕食は豚肉の生姜焼きとキンピラごぼう、なんでボルドーなら文句なしですが、ピノには向きません。コワイヨはまた強くなりだし、三日目ベストの判断は正しかった。プレっとの評価は既に決定済みだが、ロット違いなんで再確認です。幾分透明感が出始めた状態で、薄い村名VRって味筋、VRの味の傾向を文字にするのが私は出来ないので、こう書きます。例の道路の東側のヴォーヌロマネ村内の畑だけである味わいだと思いますが、前回よりより明確になった。少し冷たい位が良い感じです。

■昨晩はジャズに戻り、10年探して中古が出ない被災アルバム、ボス・テナーズ・イン・オービットってヷーヴのアルバム。アモンズとスティットの2テナーの楽しいアルバムなんですが、少し下品、いやアーシーです。抜群のテナーの音が聞けるのですが、全く人気が無いのか出回った枚数が少なく中古が出ない。評価んてそんなもんですよ、良い物でも埋もれたままって場合が何事でもある気がしますし、プレっトもそんな生産者でしょう。
2023年02月05日07時36分
おはようございます。昨日はコワイヨのAC20の三日目、やっと本来の姿を掴めた気がした。ほぼジュヴェレの味筋だった!色は相変わらず濃く不透明、しかし収斂感は全く感じず、コレは色素が多く含まれているだけみたいで、酸のバランスも良好です。味の乗り方、強さは村名レベルを超えた感じで、この三日目ならジュアンの19を相手にしても同等と言わせるレベルです。飲み方としては開けて一杯飲んで翌々日に飲み始めるのが良いと思う、コルクも天然物ですから、コントロールは易しく、寒い廊下にでも置いておけばよいです。三日目から特選って判断です。

■昨日は被災して洗浄して保管していたクラシックの棚を眺めてたら、オイストラフが弾き振りした、バッハのバイオリン協奏曲1.2と二つのバイオリンが入った盤を見つけて聞いた。昔はジャズばかり聞いてたが、一応気にになる盤は買っていたが、聞いた記憶は無い。ただ残念な事に洗う過程が良くなく、多分水で流す時間不足で、砂粒が残った状態で拭き洗いしたらしく、外周部に傷・・・ガッカリでした。仕事が山積みの時に時間を作りやっていたので仕方が無いけどね。回収したレコードは全体の三分の一程度で、残りは廃棄と震災の二年後になった。LPを買い始めて40年間一度も売らず、人にプレゼントもせずにストックした結果がこの有様、ワインは被災しても残った物はその使命を全う出来たのとは大違いだ。物は大切に長く使うが私の根本の考え方、古いかも知れないが変える積もりは全く無い。引っ越しはもう絶対に出来ない状態なっている。
2023年02月04日07時46分
おはようございます。節分になると日の出が早くなったってハッキリ判り、一番寒い時ですがもう少しだ、って思いがします。昨日はチキングリルを用意し、コワイヨを飲みました。幾分か赤みが増えて来て、味はクッキリして強いが、ワインとしては強くはなく、立派ですが、四角四面過ぎるって贅沢な感じです。そんな訳でもう少し経過観察します。

■今度入手したカートリッジもかなり昔、30年近く前の出た物で現在は別のモデルになってるし、買えるお値段では無いから、温存作戦を考え、別のシステムで聞いた。1950年録音だから、元がそれなりの音質なんで、高性能カートを使っても無駄。聞いたのはリパッティーのモーツアッルトのPソナタ21番、名演の誉が高い。スイスでの録音だが、やはり機器が古く音質は良くはない。私の頭は常にその事がこびり付いた状態なので、演奏を聴け、と自分に言い聞かせて聞かねばならぬと告白しておく。二枚目は1955年録音のハスキルの子供の領分、こうなると一気に音質改善される。リパッティもあと5年長生きして呉れたら、過不足ない音で楽しめるのに、と相変わらずの凡人の思いが頭から離れない。ブザンソンのコンサートの話は多くの多くの方はご存じだろうが、お若い方はまだかも知れないので、リパッティ、ブザンソンで調べて、良ければお聞き下さい。出来れば落ちつた時間に聞くと何かが判ると思います。
2023年02月03日07時51分
おはようございます。今朝はかなり気温が下がる予報なんで、流しの水は凍結防止で、流したままでしたが大丈夫でした。昨日の夜に今年初めて外の水道が凍結してんで用心です。昨日は人気の出ないコワイヨのAC20です。確かに18,19と手コワイ強さのワインでしたから、皆様警戒気味になるのは事実、息子が飲んで確認せよ、って言うので人柱になります。珍しく度数は12.5ですが注ぐと何時もの濃く紫が強い色で、ややガッカリです。ところが飲むと味の様相は強いのですが、酒としては強くない、珍しいタイプです。葡萄の皮から出た要素がタップリって事でしょうし、渋いって感じもしません。そう云えばグロフィエのPG20も12.5でしかも色が濃く、同じ様なタイプで、ポリフェノールタップリタイプ。

■落札したカートリッジは大当たり!!!装置全体がグレードアップした音になります。針先が十分に残ってるので、レコードの溝の奥に入り、痛んで無い部分をトレースするから、中古のレコードでも新品を聴いている様にノーノイズ、だから良い針先の少しお高いカートリッジが必要なのよ。ガーランドのプレスティッジから出てる、オール・カインド・オブ・ウエザーって盤を聴いたが、別物、マスターテープの音が推測できる所にまで来た気がするし、間違いなく過去最高まで装置が到達した。これで昔の音の記憶は、懐かしい記憶になり棘の記憶では無くなると思う。自分の感覚は良いのだと信じましょうよ、音も味もしっかり記憶できるのですから。こんな点ではオーディオ道楽は役に立っているのですよ。私はこちらから入ったし、既に半世紀以上ハマっています。
2023年02月02日06時56分
おはようございます。昨日は一週遅れた今年最初の例会で、楽しかったです。私はデュジャックF&Pのジュヴレ2019を持って行きました。モレとシャンボールは何本も飲んでますが、GCは殆ど飲んで無いかもなので開けました。私のGCのベンチマークはグロフィエのスヴレですが、ここまで上がって来ると、変える必要が有るし、このワインだって20年が来れば間違いなく上がるからって事ですが、結果はF&Pであることは忘れほぼ本家で良く、グロフィエを上回ると思った。味わいがくぐもる傾向が現状では強い19ですが、これは別物でスカ~ッと抜けっ切った味わい、らしさも横溢して素晴らしく、全員からお褒めを頂いた。あと5年も待てば極楽状態に達すると思う。最後は師匠からDJPのコルトン・ブレッサンド1998、これには参ったとしか言えない。複雑性を持ちしかもこの時期だけ存在したドメーヌ特有の堅牢さを合わ持った味だった。届いたライラのカートリッジについては明日書きます!
2023年02月01日07時44分
おはようございます。今日は7度まで気温が上がり楽になりそうです。この一年は体重計には余り乗らず、病院で月に一度の診察時に乗る程度で体重が維持される様になりました。食べる量が少なくなり、質も軽くなっているからで、慣れると苦に成らなくなります。昨日は焼き餃子とレンコンのキンピラ、餃子は皮を除き家内のお手製。焼きあがった餃子に飲み残しのシュヴィヨンのNSGの白18を合わせました。多分五日目ですが、全く落ちずゴールドが濃くなっています。コレは素晴らしい相性です。握り寿司と同じ位にイイ感じ、何も付けず食べてです。醤油にラー油を加えて餃子を食べると当然赤が良くなり、ピトレイのカベフラ15の出番、イイ感じです。ポムロルのワインの鉄分ポイ香りを生み出しているのは、カベフラが担っていると判ります。メルロの柔らかさにこのピリリとした味わいが加わりバランスを取っているのでしょう。やはりこのワインはボルドーでも特異な存在でレベルアップに役立つと思います。
2023年01月31日07時38分
おはようございます。10センチ位積もり寒く予報では最高気温は0度なので、運転は注意が必要ですね。昨夜はチキングリルにして、カベフラ100との相性を試してみました。明らかにすき焼きよりは良いですが、ピノ程の良さには達しないと思う、多分ステーキがベストかも知れません。その後昨日の続きで、グールドによるモーツァルトのPソナタを1番から聞き始めました。前期の7番まではろくに聞いていないなと思い出したからです。確かに8番以降と比べると習作の様に感じるが、秀作が生まれるまでの過程が少しだが判った様な気がした。私がクラシックを聴き始めたのは30過ぎで、スピーカーの調整の為と書いてい良く、熱心な聞き方では無かったが、今ではジャズとクラシックが半々くらいになっている。ただLPで聞ける範囲なので、現在の演奏家は殆ど知らないし、今更配信で聞くシステムの構成なんて、面倒だからやらないと思う。再生装置自体が相当に複雑でそれを安定させるだけで目一杯ですし、グルダ、ハスキルなど買い直す必要が有るしね。
2023年01月30日08時04分
おはようございます。何と書き終える瞬間に、全部吹き飛ばしてしまった。マウス無しでノーパを使うと偶にへまをする・・・悔しい。昨晩は月一の牛肉デーですき焼きです。ピッタリのワインは知っているが、カベフラ100では如何だろうか?とピトレイ2015を合わせたみたが、メルロの様なお醤油との親和性が無く、特段に良いとは成らなかった。ステーキなら問題なく良いのだすが。ワイン自体は成長していて、混濁感が消えてよりカベフラの個性が明確化しており、ボルドー品種の中では一番ピノに近い味わいが有るから、チキンがベストかも知れない。

■探し物は何ですか~って歌をだれが歌ったかは知らんが、持ち物ほぼ全て失うとこの歌は皮肉に思えて仕方が無い。過去に引きずられない様に生きて来たけど、昔に愛用した物が欲しくはなるが、元手が掛かる。そんな中でヤフオクに愛機だった、カートリッジのライラ・クラヴィスが出たので散々迷って落札した。昨夜は過去に使ったカートリッジが3アイテムも出品されて不思議な夜だった。思い出しついでにグールドのモーツアルトのPソナタ全集を引っ張り出し、16番を聞いたが前半の超個性的演奏とは違い、伝統的な演奏に聞こえるが、彼でしか出せない思いが伝わる。モーツァルトは極上ブルピノ、ベートヴェンはボルドーだがGCでは無い気がする。これでSP以外はほぼ昔通りのメンバーが揃う、どう聞こえるだろうか。心の棘が一本抜けると良いのだが。
2023年01月29日08時13分
おはようございます。ご存じの方も多いでしょうが、戦車の一番最初の戦場投入国は英国ですが、秘密にするためのタンクだ、としていたのでタンクと名前が付いた。塹壕戦での膠着を打開するために投入したが、重量に対しエンジンの出力が小さく、またサスペンションが付いていないので、塹壕を乗り越えるのは難事だったらしい。また航空機からの地上射撃も始まり、それ用の機体開発も始まった。まあ機体は木と布で作られた複葉機でひ弱そのものだが、それでも機銃掃射に使われた。これからのウクライナの反攻は1200㌔も作られた塹壕を乗り越える訳だが、道具は遥かに進化したけど、戦場の条件は第一次世界大戦と同じように見える。更に思い返してみるとベトナム戦争の時、べトコンの戦い方はモグラ作戦で地域を確保し、思わぬ所に兵士が出現するやり方だった。歴史は繰り返すと言うが、またか・・と気が重くなる。それから考えるとロシアの体力が落ちるまで戦争は終わらないって事になるのだが。
2023年01月28日07時16分
おはようございます。昨日、プリウスの新型を見て来ました。まだナンバーが付いてないので乗ってエンジン掛けただけです。デザインは素晴らしいと思うし、そこに注目が行ってると思いますが、運転席に座って気が付いたのは、アクセルペダルが、オルガンペダル方式になってました。トヨタとしては過去に踏み間違い問題で批判されていた分部だから、静かに変更したのでしょう。タイヤも特殊サイズなんで、冬タイヤが必要なのでは隠れた経費が有るみたいです。海外メーカーの安物は現在存在していない、新しいサイズらしいです。

■昨日は、お寿司屋さん探しの二回目でテイクアウトなんで、まだ飲んでいないシュヴィヨンのNSGの白18を選んだ。色から独特でややオレンジが入ったイエロー、甘さは殆ど存在しないが酸は丸く厚みがある。味わいには杏のニュアンス、香りにもべっ甲飴を感じた。シャルドネでもNSGの土地だとこんな味になるのか・・・と感心した。酔い方は綺麗で流石シュヴィヨンって所ですがお高いから当たり前か。お寿司は一回目のお店より遥かに良かったが、50年も食べ続けた泰平さんには叶わないのは当たり前。次は何処のお店にしましょうか。
2023年01月27日07時36分
おはようございます。昨日は+5度まで気温が上がり路面の雪はほぼ解けて、凍結する前に帰宅した。飲んだのはフェヴレのGCイサール17の四日目一杯だけ、三日目より更に良くなっています。今のセール価格は素晴らしいお買い得、現行VTは1.2万ですから、17だからって考えるのはしない方が良いですよ。

■今日はレコードプレーヤーの話です。レコードを乗せるターンテーブルの材質は、今ではアクリル、アルミが殆どですが、過去には真鍮、ステンレスなども存在し、超高級品はチタンなんて素材も使われる。何故そうなのか、音質に影響が有るのです。異論を覚悟で書くと固い材質程クリアーな音になる、と過去にステンを使っていた私は書く。残念ながら今はアルミだ。もっとカルトに思われる事は、置台の材質で音が変わる。旧宅はコンクリートの床だったので、最高の状況だった。その上に板厚5センチのラック、その上に御影石の厚板を乗せそれにセット、現在も同じだが、床は在来工法の木造でやはり弱いと音質に反映される。そこで使っていない御影石のブロックを入れ重心を下げたが、効果は明瞭、重いCDプレーヤーが居なくなったままが悪かった。面倒臭い事ばかりのアナログオーディオですが、ワインと同じ面倒が楽しいのですよ。
2023年01月26日07時58分
おはようございます。昨日の最高気温は-5度でした!最低気温は過去に-12位は経験してますが、真冬日も真冬日、大した寒さです。日差しも殆ど無く、間断なく粉雪が降り続くなんて太平洋岸では滅多に経験しません。今朝は快晴で陽射しが戻りましたから、+の気温になるかもです。少し昔の愛車240ボルボの話でもしましょうか。如何にも雪道に強そうに思っている人が未だに居ると思うが、スタッドレスではからっきし弱いです。何せ基本構造が古くトラクション・コントロールなんて有るハズも無く、雪道ではお尻を振り振りスタート、坂道はご法度に近い。スエーデンはスパイクタイヤが許可なので使えたそうです。と言う訳で、もう1台は必ずFFの車にしてました。シトロエンのAX12、ルノーのクリオ・スポールと私は乗り継ぎ、家内は20年間ボルボ一筋で、津波で終了した。ボルボは街乗りだと燃費はリッター5㎞と悪いし、高速の上りだと精々120までしか出ないのですが、シーマにおかまを掘られ、シーマもボンネットが「く」の字になっても、バンパーに傷一つ着かない装甲車ぶりで、家族にを預けて安心な車でした。今はブームになっていて、状態が良いと新車の値段に近いみたいで、悔しい限りですが、買い直すまでには成らない。20年目の14万キロの時、足回り部品を全て交換し、目指せ20万キロ、30年の積もりでした。願った通りに成らないのが人生ですよ、震災と大病で私はすっかり角が取れた性格になった、と本人は思ってますが、さて皆様はどうお考えなのか?
2023年01月25日07時36分
おはようございます。今日は真冬日、暫くぶりです。昨日の帰宅時の車の車外温度計は-3度だから今朝の寒さは想像できる。路面が濡れていたから凍ってその上に薄く雪が積もってる最悪の状態、高校の通学路だから融雪剤が散布されるので何とかなるだろう。土日にこうだとお手上げになるけど。昨日もフェヴレのイサール17の二日目、僅かに濃さを増しただけ、芳しさ、上品さはそのままで、香りに香木系が生まれ立派なな一級です、リュショットの隣地だからでしょうかね。それとNZのシレーニのセラーセレクションのピノとSBのサンプルを飲んだ、ピノは非常に良く、販売しようと思う。SBは如何にもNZらしいのだが、それが強すぎる様にわたしには感じた。今後ブルピノの最低ゾーンは3千円と覚悟すべきで、それ以下はニューワールド物で賄う事になるから、探すのは必須だと思う。ボルドーに来てくれれば話は簡単なんですがね。
2023年01月24日08時56分
遅くなりました。雪の降った朝は寝るのが気持ちいいんですよね。ショルツの逡巡はメルケルの後継らしい曲者と思わせませんか?エイブラムスの燃料は一般の軽油では無く、使える物では無いのに其れの供与を前提にするのは余りに戦後の商売優先に思える。昨日は軽め良いピノが飲みたいので、フェヴレのイサール17をチョイス、17は大概のGCも開けて良い所まで来てると思う、しかもお安いしね。このGCイサールはリュショットの隣でフェヴレのモノポール、その割には安い、他に所有者が無くフェヴレだから、で終わってしまってる。私はこの畑、これで三本目だけど、好きですよ、特にお寿司にピッタリの感じ、17全体がその傾向だけど。昨日の夕食はイワシの塩焼きと切り干し大根の煮物なんで、食べる前にチーズケーキとイサールでやったけど、まずまず。もう少し酸味がケーキに有れば良かった。ひな祭りに奥様にご馳走すると喜ばれますよ。
2023年01月23日08時02分
おはようございます。昨日は今後出て来ないだろうDJPのシャンピモン99の二日目の話。なんでコレ残ってたかか書くと、震災前に仙台の友人宅に持って行ってそのうち飲みましょう、で残ってた訳です。初日は分厚い酸が存在し、良いのは判るが飲み進めなく残っていた。昨日はそれが和らぎ素晴らしい状態になり、量が足りなかった。最後は相当にオリが残っていた。多分こんなパワー丸出しのブルは時代遅れで、作られないでいるが、知っている者には懐かしい味だった。話は飛ぶが去年例会で師匠が最後の1本だと、ショパンのNSG03の一級を持って来た。その頃のショパンは発酵槽の温度調節器が無く、とんでもなく濃いピノとなった。当時私はボルドーメインだったが、面白くて沢山売ったので正確に記憶してる。その03がだ、すっかりしなやかになり驚いた。現在はコントロールがシッカリ出来るから、こんな歪なスタイル、超長熟タイプは現れないだろう。そう思い出した05の今はどうなんだろうか?思い出したアレが残ってる。
2023年01月22日08時19分
おはようございます。昨日は仙台の知人が顔を出して呉れ、預けていたDJPのボーヌ・シャンピモン1999を持って来た。そのうち飲もう・・と震災前に預けていた物だ。この頃のDJPは凄まじいワインを出していて、クロヴジョなどは今でも語り草だ。ボーヌで20年以上過ぎていれば、さぞかし柔らか、では無かった。鋼の様な強さ、酸は分厚く如何飲んでも10歳は若く感じる。用意した食事はご希望の、家内お手製のコロッケとソイの煮つけで、やや不向きだが喜んで食べて呉れ、私はしめ鯖が欲しい・・と飲んだ。彼は熱心な私の読者で、近々に飲み記事にしたワインが残っていない?と言うので、パターシュ三日目とグロフィエのPG20多分五日目が僅かに残っていたので、飲ませた。パターシュは三日目で私が飲んでもベストで素晴らしい!グロフィエは見事に梅酢化しており劣化ではなく正常変化で、これだけ梅になるのも珍しい・・・って笑っていた。手土産にコロッケと煮付けを手に嬉しそうにタクシーで駅に向かった。泊まれば良かったのにね~
2023年01月21日07時04分
おはようございます。昨夜は二度ほど強い風の音がして目が覚め、寒くなるなと又直ぐに眠った。昨日の仕事帰りも雨で暖かすぎ、南が吹けば次は北が吹くは地元の年寄りの常識、やはりその通りで薄雪が積もってた。昨日の夕食はナメタの煮つけ、家内は散々探してやっと小振りのを一枚見つけたそうだ。正月まではあれだけアチコチで売っていたのに今は探す程だ。家内は小さくて・・・・とガッカリしていたが上物だった。正月の頃のナメタは北海道もので、地物はこれからなので、多分地物だと思う。身質が繊細、細やかで、鰈独特の匂いも殆どしないが、唯一脂の乗りが北海道物より少ない事だけが弱点だ。そんな訳で二日目の、パターシュには少しデリケート過ぎ、ワインは濃さを増していたのでちぐはぐな結果。それにしてもパターシュの味は懐かしく感じる。何度も飲んだからではなく、前世紀のポムロルの味を代表する感じだからでそれは鉄分の強さ、タンニンの存在感それらを含めての印象だ。ただ既に一回目の眠りに入った状態みたいで、あと二年程度は手を出さぬ方が良いかも知れないが二日目の感想、今日飲めば違うかも知れないけど。アンブロワーズのドール20は完売、一か月足らずでよくもまあ売れたものだ、お客様には感謝申し上げます。
2023年01月20日07時36分
おはようございます。昨日は鹿肉のバターソテーが出ましたが、またしても頂きものです。焼き方が良かったのか、固くはないが、肉質は緻密で、良いナイフでないと切り難いですが、我が家にはラギュオールが2組が津波から残っていたので活躍した。味はレバーの味がする鉄分の強い味わいで脂肪は殆ど無い。ソースはフライパンに残ったバターと飲むワイン、バルサミコで作ったが、もう少し酸味が欲しかった。飲んだのはポムロルのラ・パターシュ2018です。多分売っている日本のお店は私の所位でしょうが、08辺りを過去にも販売している。コレ、凄く懐かしく感じる味、前世紀の右岸の良さが残っている。あえて古樽を使いまわし、その風味を残し、樽香を付けないやり方に感じた。今ボトルを見たら肩口に薄いオリが残っていたので、二日目の今日が良いかも知れない。ワインも鉄分に富んだ味わいだから、マッチングはベストに近く、ワインの評価を一段引き上げる必要がある。マノワールと好対照でマノワールはモダン派こちらはクラシック派、やはりポムロールは安くて素敵なワインが残っている。
2023年01月19日07時29分
おはようございます。今朝はどこもかなりお寒いのでは、暖かくしてお出掛け下さい。寒いからすこしだけカーテン開けて見える空は雲一つないので、相当に寒いハズですが、ストーブが油切れ、エアコンに切り替えてますが、暖かくなるには少し我慢がいる。昨晩は鳥団子と蠣の鍋で、ピノには最高の相手で、アムランのピノの三日目、少し少な目ですが。人によっては二日目が良いって思う一杯目だったが、最後の一杯は素晴らしかった。落ち着いた深い味わいで、如何飲んでも2千円以下はあり得ないって、無理しているから当然ですが。

■昨日、ヤフオクで買ったグリュミオーのモーツアルトのバイオリン協奏曲の3枚組が来たので、一気に三枚聴いた。新品同様で、ほぼノーノイズ!縁起が良い始まりです。録音は時期がが違う為か良さにバラツキが有る様に聞こえるが、流石5番は良い音、演奏も一番良く感じた。繊細な美音は柔らかな弓を持つ右手と、左手の弦を押さえる巌の力と教えられたが、しっかりとした体躯に支えられたバイオリンの音は何処か違う感じがする。スピーカーも同じで、繊細な音を出そうと思うと、振動版はなるべく軽く、それを支える躯体は重くガッチリが基本だ。バイオリンは楽器の王様、本気で鳴らそうとすると一生の道楽になる。
2023年01月18日07時43分
おはようございます。昨日の午後から寒く成り始め、帰宅した時は3度まで下がり多分氷点下まで下がってるだろう。余計な話だが、天気予報で東京の最低気温は8度、厳しい寒さです・・・・って言ってるが、北国の方には失礼な言い方じゃ・・止めます。昨日はアムランの18ピノの二日目、相手はカプレーゼとメヌケの塩焼き。メヌケは海外もので冷凍だが、コレだけは仕方が無い、国産のメヌケなんてほぼ皆無だから。降り塩のお陰で皮目の旨いったら無い、鮭の皮どころではない。アムランピノは果実身味、フレッシュさで飲ませる状態から、構造の確かさ、クッキリ感で飲ませる状態に変化したとか書こう。オリが出て、色が薄く成るどころか、逆に濃くなったと思う。どうももこの最終ロットは、前回までの物とはやや違うかも知れない、良い方向にね。メヌケの話に戻るが、キンキを5倍くらい大きくした赤魚で、今から30年以上前でも一尾1万近くしていた高級魚で、刺身でも食べたが素晴らしいお味で御座いました。もう日本近海には殆ど居ないでしょう。

Navi会員

初回のご注文時に
Navi会員登録された方は
2回目のご注文時に
20%割引きのサービス!!
※注意事項(必ずお読みください)

登録は こちら から

メルマガ会員

登録/解除・バックナンバー
メルマガ会員限定価格品一覧
【配信日】
今号: 2023/02/02 11:05(済)
次号: 2023/02/09(予定)

WineNavi.jpでは、お客さまが入力された個人情報の送受信を行う際にSSLと呼ばれる秘匿性の高い暗号通信技術を使用しており、安心してご利用いただけます。
SSLを使うための特別な設定は必要ありませんが、古いバージョンのブラウザでは表示できない場合がありますので、ご注意下さい。

≪SSLとは≫
Secure Sockets Layer(セキュア・ソケット・レイヤー)の略で、暗号化された秘匿性の高い通信を提供します。ご利用者のブラウザから送信された個人情報等や、該当ページから返信された情報を暗号化する技術です。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
二十歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売しません。