現在地:トップ > トピックス

トピックス・バックナンバー

2019年07月19日06時19分
お早うございます。京都で亡くなった大勢の方にご冥福をお祈りいたします。ただあの建物の構造には疑問があります。外階段が付いていません。建物の規模で必要が無いにしてもあれだけ大勢の人が働いているのに規制が無いのでしょうか。それにしても痛ましい事件で、悲しいです。震災の時、あれだけの火災を体験した者の一人として気になりました。

■昨日はブール産の三桁、マンドス16の二日目、初日は少し甘いか?でしたが、少し黒ニュアンスが出て、アナゴのかば焼きに良かったです。さて今日は頑張て荷造します。
2019年07月18日07時53分
お早うございます。やっと三陸沖にカツオ、ビンチョウが現れた様です。昨日はカツオが200トン、今日はカツオ200トン、ビンチョウも同じ位、更にマグロは100㎏越えが70本と今季最高の水揚げと、気仙沼漁業協同組合のHPで表示している。

■海が夏模様になって来たので、東京から東の太平洋沿岸の寒さも間もなく終わるかも知れません。定置網にも鯛が混じり出しているし、サメが魚の群れを引っ張ているって、カツオ船の船長が新聞のインタビューで話してた。一か月半近く空振り状態だったが、やっと町は活気が戻りそうだ。私も頑張らねば!本日も宜しくお願い致します。
2019年07月17日05時54分
お早うございます。バカっ早い時間に起きてるな?って思われでしょうね。昨日、飲んだ後に足が痛くなり、鎮痛剤飲んで早々と寝たので早々目が覚めた訳です。東京は記録的な梅雨寒みたいですね。幾らかヤマセって言葉も知られたみたいだし、三陸沿岸の気候が理解できたのでは。

■ところでシルグの16年ACの二日目が大切なお話です。初日は薄旨より僅かに濃い程度でしたが、大きく変化しました。色合いは深紅になり、味わいはVR村名の様な肉のニュアンスを感じさせる。昔の固くてリリース後数年経過した時に現れるスタイルの様では無かった?って思い出した。飲み頃になった時の本質は大きく変化しておらず、時間が掛かるが無くなっただけかも知れない。この状態なら3千円台も有りうるだろうが少し高い、その分の調整をして明日に新価格をご案内します。二日目ならRWGの89点は間違いないでしょう。
2019年07月16日07時32分
お早うございます。昨日は面白い試飲をしました。シルグのAC16ですが、RWGの評価が87程度で、時間が経てば良くなるかものコメント付きでした。やはり売れ方は芳しく無く、間もなく17が来るので、何とかせねば、って訳で息子が試せ、と言う訳です。

■自慢になりますが私のショップはここを04から延々と販売してして、07から変化したのを一早くメールでご案内し、それ以降しばらくは当ショップのACの中心銘柄でしたが、値上がり割り当て制となりめっきり売れなくなっている。

■紫が殆ど抜けて、クリアー、薄いの少し手前の赤。一杯目から香りが開き、なるほど変化してる。一般の16年物の様に濃い目でもったりはしておらず、繊細、エレガントでいまなら89位は取れそうだ。問題点はお値段で収量が少ない16だからお高い事。17のこともあるので、そこを幾ら良くしたお値段を考えてる。お楽しみに。
2019年07月15日07時37分
お早うございます。今日の朝日新聞は朝日広告じゃね、眺める気さえしない。昨日までの二日間はグラモンの白を飲んでいた、がおとといの初日は開かなかったので、コメントにしないで、アンプの事を書いて、しのいでた。二日目の昨日はガラリと変わり香り出した。柑橘系じゃなくアプリコット風って位しか言えない私ですが、酸は多めで良質、スッキリタイプ。若いから当たり前かも知れないが夏向きの白、こんな表現は私位かもですが。

■売ってしまおうかと一度は考えたアンプ、惚れ直してる。当時のハイエンドを目指したアンプの能力って私ごときではなかなか正体を掴めないんだ、って思った。クレメールの弾くバッハのバイオリンソナタ2番、たまには私もこんなの聴いて心が動かされる。
2019年07月14日06時22分
お早うございます。ここ数日は、アンプのメンテをしています。半田ごてを持つ様な事は出来ず、真空管の足の部分を磨く程度ですが、コレだけで奥が深いです。普通、真空管を使った電圧増幅アンプは6個の電圧増幅管を使いますが、私のはその倍の12個で構成されています。並列動作させてノイズを下げようって回路。でも今まではそれが逆効果でピントが定らない音、って不満が続いていて、売ってしまおうか・・とまで思っていた。

■真空管は金属の足でソケットに刺さり回路につながるが、もう一度足を磨いてみようと、考えて紙やすりの2000番って云う普通は使わないプラモの仕上げ用を使ってみた。すると表面の酸化被膜が黒く取れるではないか。やすりで磨くのはダメが常識だが、使ったの鏡面仕上げの最初の段階に使う物だから、良かろうって判断。結果は甘かったピントが絞り込まれた様に変化した。アンプも人間も酸化が大敵なのだろう。

■ってのんきしてるのは、連休で注文が来ないから、宜しくお願いします・・・・
2019年07月13日07時02分
お早うございます。薄曇りですが日差しはあります。昨日、仕事が終わり雨も上がったので窓を開けての帰り道、かなり蒸してるな・・・って感じた。夕食はカツオの塩焼き、刺し身でロブロ・マルシャン17で楽しく飲んだが、その後が残念だった。暫くぶりに足の痛み、面倒なので酔ったまま眠ってみたが、案の定夜半に痛みが出た。仕方が無く鎮痛剤を追加して一時間ほどで眠りに戻れた。眠る前に暫く本を眺めてたら、ペコが出窓の自分の寝床から私の布団の上に来、添い寝をして呉れた。中々眠りに入れないので、寝たふりを寝息で装ったら、ペコは静かに自分の寝床に戻った。可愛い猫です。
2019年07月12日07時03分
お早うございます。雨降りの朝ですが、街の雰囲気は幾か明るく、心なしか車の通行量も増えた感じだ。魚用の氷を運ぶ車がしばしば見掛ける様になれば、活気が出るのだ。

■昨日はしばらくぶりにロブロ・マルシャンの広域17を飲んでみたが、やはり早くから飲めるスタイルで、数年前より間違いなく進化していると感じた。値段は2千円半ば、前半なら特選かな、って位良かった。買った魚は小さめの真鯛とシャコ6匹で1200円位、タイはコブ締め、シャコは茹でて母にご馳走した。やはり摂った日に茹でて食べるのは味が違うって、喜んでいた。今日はカツオを買って塩降り焼きでピノを飲もうか。
2019年07月11日07時33分
お早うございます。昨日と違い青空はどこにも無く、梅雨寒に逆戻りです。

■昨日は問題のショパンのNSGシャルモット12(一級でなく村名)の二日目。正直書くと初日は、劣化したか?って思う程に古酒っぽい味わい、色合いも薄く、おかしいよね・・・でした。二日目は全くの正反対で、一気に色合いは濃くなり、味わいはジャミーって云える程、口当たりは柔らかい。但し香りは僅かに立つ程度。二日目が良いのは若いワインなら当たり前だが、初日がオールドスタイル、二日目若返り、ってあまり経験していない。ピノの個性は私ごときの経験では僅かだけ知った、って事なのだろう。一緒に食べたのは黒メバルの煮つけ、初日の味なら無理だが、二日目の変身後だから問題ない。それにしても一匹350円って安過ぎ。半身食べて満足でした。
2019年07月10日07時07分
お早うございます。今朝も曇り空、でも青空も見え、空が高くなりヤマセが弱くなっている。でも突然に海から低い雲が流れ込む時もある。不漁で大騒ぎのカツオは少しづつ北上し房総半島沖を超えて塩屋崎沖まで来たって話も聞く。この町では漁業関係者以外でもコレ位は常識なのだ。

■昨日主治医の診察で鎮痛剤の量はまったく問題なく、二か月分の処方箋が出た。その前にリハビリさんにお尻の痛い場所を見て貰ったら、肉離れの古傷の痕跡だある様に感じ、それが太ももの痛みの原因かも、って見立てだった。ストレッチの仕方を教えて頂き、有意義な日だった。

■飲んだのショパンの12年、NSG,一級ではないシャルモット。良い感じに熟成しているが、いきなり開けたので最初はダンマリだったが、肉の脂が入ると俄然本領発揮だった。今日に期待。
2019年07月09日06時34分
お早うございます。東京も梅雨寒みたいですね。ソレって東からの冷たい風、ヤマセって云う風の為ですよ。本場の人間でもこんなに酷い年は少ないな・・・って思います。

■昨日はトロボーのAC17の二日目、チャーミングな感じから、本格的な味わいにガラリと変化しました。初日の方がイイな・・って思う方も多いかも。やはり17は早く飲め年、と思っても良いのかも知れない。

■今日はギランの主治医に新しい鎮痛剤の服用報告に行きますので此処までで。
2019年07月08日07時49分
お早うございます。今朝は青空が半分くらい見え、昨日よりは良い空模様だが気温は上がっていないし、カツオも揚がらない。(変換間違ってないね)今朝はTBS系列で気仙沼の状況の放映があり、市場前の実店舗が映りました。

■昨日はトロ・ボーのAC17を飲んでみましたが、素晴らしかったです。たとえるとグラモンの17年物をグレードアップ感じです。今開けて後悔はしなくて済み、即戦力。甘くて酸っぱく、僅かに苦くチャーミングでした。こまで来ると17の特質は早くから飲める、薄旨タイプって所でしょうか。今日は少し良い話が書けて良かったです。
2019年07月07日07時29分
お早うございます。昨日より雲は高くなったが、相変わらずヤマセが入り窓は開けていられない、寒すぎるからだ。こんなだからカツオなんか揚がるはずもなく、地元の新聞の論調も厳しい現実、予想になりだした。町の経済構造が漁港に依存しすぎから脱却できずに復興もしてしまったツケは今後、重くのしかかって来るかも知れない。

■昨日はシルグのヴォーヌ・ロマネVV15の二日目、ワインは若返った様な不思議な感じ。たくさん頂いた福島産のナスの焼びたしを食べながら飲んだ。出汁が効いてるから、相性が良いが、このクラスだと脂が欲しいなって感じた。来週のメルマガでお買い得価格をご提示する積りです。お日様が恋しいが、予報では延々曇りらしい。まちの雰囲気も同じ。
2019年07月06日08時28分
お早うございます。今朝も低い雲が立ち込め、空はねずみ色。カツオは福島沖まで来たみたいですが、ヤマセがブロックしてるのか。そんな訳で昨日は米ナスのオイル焼きとトマトパスタの夕食。飲んだのは15なのに残ってる、シルグのVRVVじゃ解らん、ヴォーヌ・ロマネVV15でした。15の強さが少しずつ収まり、エレガントさを身に着け、インポーターのコメント通りだね・・って思ったが、お値段を何とかしないと、って思った。あんなに売れたシルグが残る様になってしまったのは、価格の高騰だけで、品質の問題ではない。
2019年07月05日07時40分
お早うございます。昨日は予想外、カツオが揚がった。この時期から9月までは市場が休みの日以外はいつでもカツオが入手でき、食卓に上る日が多いのだが、今年はサパリなので、家内も対策を考えていた。今流行の塩こうじで鳥もも肉漬け、オーブンで焼く新手の調理方法を試し、出た。カツオの刺し身も出て豪華な夕食。鶏もも肉は良い味に仕上がり、鶏肉の臭みは綺麗に抜けていた。付け合わせに梅干しを用意し、梅肉を少し添え食べると本当に美味しかった。梅干しは梅、塩、紫蘇、だけで作った昔からの手作り物、味を引き立たせてくれました。

■飲んだのは、サン・ニコラ2000の二日目。右岸フロンサックらしく。二日目にメルロが現れ、柔らかで酸も残っていた。鳥ならピノだろうが、メルロの許容度で楽しく飲めた。
2019年07月04日08時07分
お早うございます。九州の雨は収まりそうで、大きな災害は今の所出ておらず、良かったですね。恵みの水、海も、荒れると怖いですよ。

■今日から恒例の誕生日セールで御座います。夏枯れ対策、ボーナス狙い、まあ様々なご意見が御座いましょうが、ご利用の程お願い申し上げます。本音を書くと、今年の市場前はカツオの不漁で大変で、それのカバーを幾らかでも、って思いです。
2019年07月03日07時56分
お早うございます。昨日の最高気温は30度を越して対前日比で13度以上上がり、体が慣れない状態なので、つらい昼飯後でした。昼寝をすると起きる時は大変ですが、午後にウトウトはせずに仕事が出来ます。昨晩はそんな訳でウイスキーソーダの出番、グラスを冷凍庫で冷やして、やればキーンと冷えてイイですね。窓は開けて網戸なので、メインのオーディオを小音量で鳴らすと、ボケた音質なので、そんな時用に、モノラル時代専用の装置を用意しました。大昔のジャズオーディオ入門用スピーカのアルテック・ディグってスピーカーです。ヤフオクで2本で4万で落札、ユニットは交換しました。駆動するのも、3万のケンウッドのCDアンプ。やはりスピーカーが個性的なんで、昔の映画館の音のミニチュア版の様です。人の声、サックスなら十分ですが、ピアノは無理。自然の風、ハイボールとコレでいい気分の夜でした。
2019年07月02日05時27分
お早うございます。元気が良すぎる、株が上がったからかい?イエ違います、カツオが揚がったからです。水揚げして呉れた船は、当社のお得意様船で、尚更気分よく初カツオを食べました。前日に釣った物で、鮮度は良かったですが味の乗り方はこれからって感じのサッパリした味わいでした。薬味は、タマネギ、生姜、ニンニクと揃えて試しましたが、ニンニクが旨味を補う感じで良かったですが、ピノにはタマネギスライスが良い感じ。って書いていたらNHKのニュースでも気仙沼の水揚げが報道されてました。

■飲んだのはコワイヨの17年ACの三日目でした。やはりここのピノは凝縮度が高く、他の生産者の17とは違い個性的です。どの生産者も10年前と比べたらとんでもなくレベルが上がっているという感じがする15以降だ、って思いませんか?
2019年07月01日07時54分
お早うございます。今朝はペコが一番最後に起きて来て、この猫の人化は止まらない。

■今朝、50日以上ぶりにカツオが水揚げされ、やっとシーズンが始まった。梅雨前線が北上して黒潮を押し上げたのか、量は僅かだが始まったって事だけでこの町には朗報です。

■昨日はコワイヨのAC17の二日目でした。初日より僅かに濃さを増し、従来通りの濃さになり閉じ加減からも脱した様子。確かに他の生産者の17年物より凝縮度が高く、収穫は地区でいつも一番最後だ、って話にも頷ける。リアルワインガイドは中位以下の生産者のレベルアップが著しいって書いてるが、その通りだと思う。10年前を思い起こしてみればこの品質は著名生産者のレベルなのでは?なんて思うが如何だろうか。たしかの08年はとんでもない困難な年でしたね。
2019年06月30日07時10分
お早うございます。今朝は昨日の低い雲じゃなく霧が立ち込め、見えるのは屋根とその周りの木々だけ、霧雨です。

■前日からのフロンサックのクロ・デ・ロワの2010、二日目なので一気に濃く不透明になり、メルロが明確に姿を現しました。大地の味わい、鉄分と十分な果実味、酸が混じった濃密な味わいです。これならヘビーな料理でも問題なく受け付けるでしょう。一般に09の方が10より濃厚、と思われていますが、これは逆かも知れません。

■もう一本はコワイヨのAC17です。16は少々厄介な感じ、待つしかないタイプでしたが17は即戦力少しだけ紫が入ってますが、クリアーになっていて、いつも年より早めに収穫したのか?って思った(ココは毎年、地区で一番くらいの遅摘みと聞く) バランスは極めて良く、少しだけ値上がりした事だけが気になる部分です。

メルマガ会員

登録/解除・バックナンバー
メルマガ会員限定価格品一覧
【配信日】
今号: 2019/07/18 11:17(済)
次号: 2019/07/25(予定)

WineNavi.jpでは、セコムトラストネットの『セコムパスポート for Web』を採用しています。
お客さまが入力された個人情報の送受信を行う際にSSLと呼ばれる秘匿性の高い暗号通信技術を使用しており、安心してご利用いただけます。
SSLを使うための特別な設定は必要ありませんが、古いバージョンのブラウザでは表示できない場合がありますので、ご注意下さい。

≪SSLとは≫
Secure Sockets Layer(セキュア・ソケット・レイヤー)の略で、暗号化された秘匿性の高い通信を提供します。ご利用者のブラウザから送信された個人情報等や、該当ページから返信された情報を暗号化する技術です。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
二十歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売しません。